確定申告と還付申告の違いについて [還付申告と還付申告]

確定申告還付申告の違いについて [還付申告と還付申告]

この時期に、やって来る申告関係の作業。
確定やら還付やらなんかよく分からない。。。

ってことで調べてみた。


---

確定申告は、一定の所得を得ている人は必ず必要

のようです。
会社員の方などは、会社がまとめて申告しているのでご安心下さい。

しかし、会社が行う確定申告は、所得に対しての
「 税金支払い 」に関してだけの手続きです。
医療費や税金の控除に該当する支払いをしている人は、
還付申告をすることによって払い過ぎた税金を返してもらうことも可能!

---

確定申告

確定申告について:
源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などを改めて見直して、
税金を支払ったり、または逆に払いすぎた分を返してもらう制度。

申告できる期間:
申告する年度の翌年2月16日から3月15日まで。

申告書類作成・国税局公式サイト:
https://www.keisan.nta.go.jp/h20/ta_top.htm

---

還付申告

還付申告について:
納め過ぎの所得税を申告することで返してもらう制度。

申告できる期間:
平成20年度分の還付申告は、平成21年1月1日から5年間可能。
要は、5年間分さかのぼれるということ。
平成15年度分の申告は、平成20年12月31日までとなりますね。

申告書類作成・国税局公式サイト:
https://www.keisan.nta.go.jp/h20/ta_top.htm


綺麗サッパリ忘れていた還付申告。
サラリーマンでも還付申告をすることで、お金が返ってくることがあるみたい!
例えば、高額な医療費を支払ったりした場合に、
還付申告すれば返って来るようです。
関連記事


【 忘却板/忘れた事を貼れます 】

コメント

非公開コメント