主席・首席で卒業とは? [主席・首席の意味と違い]

Posted by boukyaku on 05.2008 用語解説   0 comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    主席首席で卒業とは? [主席・首席の意味と違い]

    よく東大を首席で卒業などと耳にしますが・・・
    どういった意味なんでしょうか?

    パッと浮かぶのが成績が優秀な、要はNO,1というイメージです。
    その通りなのですが、一応解説します
    [スポンサードリンク]


    大学における首席は、下記の基準で選ばれます



    1.GPA値…授業ごとの成績を数値化し、単位数で割ったもの。
       この値が高いほど優秀な成績である。

    2.学外での評価。例えば、学外のコンクールで良い成績を残したり、
       難易度の高い資格を取得したりなど(国家試験等)。


    大学では主にこれら2つの基準を総合して、首席を決めます

    ---

    総合的におりこうさんが首席になりますね・・・
    とにかく、頭が良い人で才能もある人。いいですね…うらやましい。。

    補足:

    首席と主席の違いとは?

    基本的に同じ意味です。

    「主席」には次の意味があります。
    ①主人の席。
    ②政府や団体の指導者。例 国家主席。
    ③第一の席。「首席」に同じ。

    「首席」には次の意味があります。
    ①第一の席。
    ②第一位。例 大学を首席で卒業する。
    ③「主宰」の意味。(あまり使われない。)


    主席は、主席に比べ意味が広いです。
    同じようとで使われる場合もありますが、大学卒業のシュセキは『首席』です。

    ---

    参考サイト:

    goo辞書
    http://dictionary.goo.ne.jp/search.php
    関連記事


    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    スポンサードリンク

    リンク