Allowed memory size of エラーの対応 php [Fatal error

Posted by boukyaku on 20.2009 ホームページ制作の謎   0 comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    Allowed memory size of エラーの対応 php [Fatal error: Allowed memory size of ]

    Fatal error: Allowed memory size of *** 
    というエラーが出る・・・

    なんだ・・・なんだ!
    昨日まで大丈夫だったのに!!

    早くしなければユーザーが離れてしまう!!
    調べてみた!!
    [スポンサードリンク]


    原因は、サーバー側のメモリ問題


    規模の小さいサーバーは、
    メモリの割り振りに上限を設けており大体、8M。

    これを超える処理をすると、phpが止まって、
    Fatal error: Allowed memory size of 
    のエラーが発生する。


    対処方法は、3パターン。


    1、

    php.ini memory_limit = 32Mと書き換える

    。場合によって
      php.iniファイルが2つあるかも
     ⇒もっとも確実な方法。だがphp.iniを触れないサーバーも多数

    ---

    2、

    .htaccessに php_value memory_limit 32M を追加

     
     ⇒php.iniを変更できない場合に活躍
       サーバーの制限により不可の場合あり。

    ---

    3、phpでヘッダーより上に 
      

    ini_set("memory_limit","32M"); を記述


      ⇒上記2つでダメならこれ。エラーが起きるページ全てに
        入れる手間がアかかります。

    --

    上記3パターンでダメなら、32Mの数字を上げて試してみるか
    ・・・あきらめて下さい。

    --
    ★HTMLをそのまま表示させるエンティティ変換
    ☆半角/全角一括文字変換
    簡単変換ツール:
    http://style-design.secret.jp/henkan/s.php

    紹介ページ:
    ブログやサイトの特殊文字エンティティ文字変換ツール 
    関連記事


    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    スポンサードリンク

    リンク