喫茶店とカフェの違い 

喫茶店とカフェの違い

街中を歩いていると、カフェほにゃらら。
喫茶ほにゃららという感じで店舗がならんでいる。

パッとみは、カフェは今風オシャレで
喫茶店は昭和テイスト。

そんな気がします。

が・・・違うようです。調べてみた。


カフェと喫茶店は、明確に異なり


営業できる幅・・・つまり提供できるサービスが異なります。

喫茶店
アルコールを提供できず、食べ物もトーストやサンドイッチなど簡単なもののみ。

カフェ
アルコールを含む飲食の提供が可能。


つまり、営業許可の問題なんですね。

喫茶店営業の許可のみであれば、アルコールやガッツリした食事は提供できません。

飲食店営業許可を取っているとアルコールもガッツリした食事も提供できます。


法律が縛っていたなんて・・・色々大変なんだなぁ~。


ディナーを楽しむなら、「カフェほにゃらら」ですね。
関連記事


【 忘却板/忘れた事を貼れます 】

コメント

非公開コメント