くさ玉/臭玉/くさだま(膿栓)がのどの奥から出てくる くさ玉の正体と対策

くさ玉/臭玉/くさだまがのどの奥から出てくる くさ玉の正体と対策

のどの奥に何かがこびりついているような気がする・・・
なんだ?咳をしても出てこない。

ん?

気持ち悪い・・・けどすぐに忘れて生活している。
しばらくすると、咳と同時に米粒がのどの奥から出てきたような気がした。

・・・ん?白っぽいような黄色っぽいような・・・粒だな・・・
潰せたぞ・・・ん?なんだっ!!??えっ!!


「くっさーーーーーーーーーーーー!!」
「おえっ・・・グハッ・・・」

思わず声が出てしまうほどの、臭気!
なんというか・・・

中年男性の息の匂いの強い版

とでも言おうか・・・

兎に角、口臭の類の超ヤバイやつだ。
こんな口臭で、彼女や奥さん・同僚女性に話しかけた日には
それは・・・想像絶する、陰口を叩かれるに決まっている・・・!

この強い口臭!・・・いや口臭玉・・・くさ玉。。

なんなんだ!!調べてみた。


世の男性諸君!この記事を読んだという事は、君にも身に覚えが
あるんでしょうから、真剣に読んでくれたまえ!!

「くさ玉」----

ここで、くさ玉という最悪の臭い玉は、医学的には「膿栓」というらしい。

「膿栓」----

膿栓とは、

喉の奥にある口蓋扁桃(扁桃腺)をはじめとした咽喉内の扁桃は、進入してくる細菌やウイルスなどを殺し、体内への侵入を防ぐ働きがある。この扁桃の表面にある腺窩と呼ばれる小さな穴に、剥脱上皮、リンパ球や白血球、細菌塊、炎症性崩壊産物、脂肪酸、コレステリン、燐酸石灰、食物残渣などが溜まることにより形成される。大きなものでは直径3~5mm程度、色は薄黄色、黄緑色または乳白色をしており、潰すと強い臭気を放つ。



この濃栓は、人間誰しも出来る口臭玉で、別にイケテない男性のみに出来る
神様が与える苦行ではない。

美人なあの子も、そんな大変な玉を持っている可能性があるのだ。
カルマだ。

膿栓の原因を探る----

特に冬は空気が乾燥し、細菌の付着した塵やほこりが舞い上がりやすくなるため、膿栓の量が多くなる、または大きめの膿栓が形成される傾向にある。



つまり、乾燥していると出来やすい。
冬もですが、除湿をガンガン効かせた室内で、アホ面で口をあけて寝ているとガンガン進行する。
空気の悪い東京なんかは、くさ玉の宝庫ではないか・・・

確かに・・・電車で似たような臭いが充満していることもあるな・・・


※追記:
私がくさ玉を除去したくさ玉の取り方はこちらです!


それでは、悪魔の玉・・・くさ玉(膿栓)の対策だ。

歯周病などの心当たりもないのに口臭が気になる場合、膿栓をチェックしてみた方がよい。膿栓そのものが人体に悪影響を及ぼすことはないが、口臭を発生させる原因であるため、発生を抑えるに越したことはない。これが口腔内にあるとなにかこびりついたような感覚をおぼえる



対策は、口内にウイルスなど雑菌を侵入させない、繁殖させないことだ。
茶(緑茶や紅茶など)でうがいをする(口腔内の汚れを除去すると同時に、
茶のカテキンが細菌の増殖を抑制する)、歯をしっかり磨いて食べカスなどを除去したり
口内を清潔に保つことが重要だ。

膿栓を取り除く際は、へたに自分でとろうとすると、扁桃腺や粘膜を誤って傷つける恐れがあるため、耳鼻咽喉科などで除去してもらう方が良い。 これらの他、毎日、歯を磨くのも重要である



結果的には、口の中を清潔にしていない、不潔な人がなりやすいということになる・・・。
ん~・・・イケテない男性諸君!気をつけろ!私も・・・気をつける・・・。
さっ歯でも磨いてくるかな♪
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%86%BF%E6%A0%93
閲覧注意!これがくさ玉/濃栓の実態だ!!
関連記事


【 忘却板/忘れた事を貼れます 】

コメント

非公開コメント