データ復旧ってどんなことするのか、データ復旧は確実に復活するのか?

Posted by boukyaku on 22.2010 気になる豆知識   0 comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    パソコンのハードディスクのデータが消失した・・・データが飛んだ!
    どこかへ消えてしまった!どうしよう、大事なデータも沢山あるのに!!
    データ復旧する方法を調査しなければ!

    ハードディスクのデータが消えてしまった!
    状態は、うんともすんともパソコン自体が動かない状態だ・・・

    やばい!亡くなったデータ・・・あきらめてしまうか・・・
    ムリ!諦めたくない!負けられない戦いがそこにはある・・・

    データ復旧と聞いて、一番最初に思いつくのは
    データ復旧用のソフトだ。

    データを蘇らせるために、市販されているものやフリーソフトで
    消えてしまったデータや壊れてしまったデータを
    蘇らせてあげるという代物。

    色々あるけれど・・・

    今回の私の状態は、パソコンが動かないのです・・・
    ソフトを起動させるどころか、PC自体が起動しない!

    さて、死んでしまったパソコンを蘇らせる方法などあるのだろうか?
    別のサブPCで一生懸命探してみる!

    もちろん、検索する!
    検索ワードは、

    データ復旧」 だ!
    [スポンサードリンク]



    わんさか出てくるではないか!
    これで、簡単に目的を果たせそうだ・・・

    ん?・・・なんだ??

    色々あるけど・・・どれも同じようなことを書いている!

    ちょっとめんどくさいが、データ復旧会社の各社の言い分を比較してみる!



    データ復旧サービスとは、誤操作によって消失したファイルを復元したり、故障した記録メディアからファイルを救出するサービス。

    ハードウェア/ソフトウェアの障害や誤操作による消失、
    火災や自然災害等によって極めて重篤な損傷が生じていた場合にもファイルを救出することができます。
    パソコンのHDD(ハードディスク)復旧、USBメモリーやデジカメ、
    NASやストレージなどのサーバー機器など、あらゆるメディアやシステムからの復元が可能です。

    相談無料、診断無料、成功報酬制です。
    データを復旧できなかった場合には一切費用をいただきません。
    http://www.drivedata.jp/



    コメント:
    ほう!診断も相談も無料。しかも、データ復旧できなければ料金は発生しない!
    いいではないですか?


    『お客様のデータを復旧する前に、作業料、手数料をいただくことは一切ありません。』
    お客様に提供しているものは、私たちの見えない努力でなく、
    「お客様がお求めのデータを一日も早くお渡しすること。」だと考えるからです。
    私たちにとって、データ復旧に必要な高い技術力、設備はスタートラインに過ぎません。
    そこから一歩進んだ『お客様の満足』を大切にしています。
    顧客満足度87.7%も決して高い結果ではありません。

    データを失い困惑の中で、アドバンスデザインのデータ復旧をご利用いただいた
    お客様に、大切なデータと安心をお届けするために、これからもより精進し、
    より良いサービスを提供させていただきます。
    http://www.a-d.co.jp/



    コメント:
    なにやら、気持ちに訴えかけてきている!満足度87.7%とは細かい!
    これは、データ復旧成功率ということだろうか?


    最初のお問い合わせからデータ復旧後の納品まで最短当日中に
    完了することができます。
    当社では、お急ぎでの復旧をご希望するお客様にもご満足いただけるスピード対応できるよう、
    直接機器をお持込み頂いてのお預かりと、ご郵送にてのお預かりの
    2通りの方法で機器をお預かりすることが可能です。

    「明日どうしても必要なデータだから今日中にどうにかしたい。」
    「データがないと仕事が全く進められない。」というようなお急ぎの場合には、
    銀座オフィスに直接機器をお持ち込み頂けると最短30分で直るかどうかをお知らせし、
    復旧可能と判断された場合、すぐに復旧作業に入り、最短で当日中のデータ納品も可能です。
    また、ご来社にて機器お預けのお客様に限り、
    実際の復旧作業している工場内をご見学頂けます。
    http://www.ino-inc.com/



    コメント:
    デザインが・・・ドギツイ。凄いスタッフに技術をコレでもかというほどサイト上で
    アピールされている。なんか・・・すごい。とにかく早く対応してくるようだ。
    ただ・・・きになる・・・日本データテクノロジーはあまり評判がよろしくない
    同じ会社が他にもサイトを持っているようだ。インターネットオーナーズここも凄い・・・
    ないな・・・


    最高水準の技術力でディスクに傷がある物理障害のハードディスクの
    データ復旧を国内(自社内)100%完結対応。
    海外外注に依存する他社様よりも安全な確実な復旧作業且つ低価格。
    サーバーのシステムやRAID装置が破損した場合等の為に、起動しなくなったシステムや
    ハードディスク(HDD)からのデータ救出及びシステムの復元・データ復旧・データベース修復・
    データサルベージをお受けいたしております。
    科学技術庁や農林水産省からも高く評価を頂いているデータリカバリ技術で、
    常に、お客様の最善を尽くす事をお約束致します。
    http://www.datadrive.jp/



    コメント:
    海外の発注に依存したら駄目なんだろうか?輸送中のトラブルとか?
    しかし、データ復旧の技術はとりあえず海外が先進だろうから、データが蘇れば
    別に国内だろうが海外だろうが良いのだが・・・。仲介マージン取られるのは嫌だが・・・
    公的機関と取引があるのはいいな。


    弊社では高い技術水準を維持しながら、日々コストダウンの研究を行っています。
    「他社様にて高額の御見積が出てしまう重度障害メディアやRAID機器の復旧が、
    弊社にて数分の一の低価格でご利用頂けた」事例は珍しくありません。
    ハードディスクのデータ復元・復旧は物理障害の場合、大変高価なものになってしまいがちですが、
    「安心の技術を低価格で」をもっとうに、データ復旧サービスを展開。
    このような理由から、法人様・行政機関・個人様など様々な業種の皆様から多くのご依頼を頂いております。
    なおデータを復旧できない場合の料金は発生致しません。



    コメント:
    他社との差別化で技術をメインで押すのではなくコストダウンでアピール。
    まぁ確かにデータ復旧なんて人件費のみと言っても過言じゃないし
    設備投資も確かにあるがコストカットを頑張れば下げられるな・・・たしかに。
    しかし、値段を下げればそれに見合うように動くようになるのも人の常だ・・・うーん。


    高い技術と低価格で、業界トップクラスの「シェア」と「実績」を誇る。
    ファイル構造情報の損傷等により、ハードディスク(HDD)や
    メモリーカードを正常に認識しない「論理障害」の場合、
    ハードディスク (HDD)のヘッドや基盤の故障等、電気的・機械的に故障している「物理障害」の場合でも、
    「復旧可能なファイルリスト」と「お見積書」をご確認いただいた上で、
    データ復旧の作業を行うかご判断いただけます。
    年中無休で、データ復旧の調査・作業を行っていますので、
    初期調査結果は、媒体到着後、48時間以内(最短6H以内)にご報告いたします。
    http://www.rescue-center.jp/



    コメント:
    とにかく年中無休だから、いつ頼んでもやってくれるのはありがたい。
    ほかは・・・一緒っぽい。


    データ復旧の確率は、その取扱い経験が決定します。
    ワールドワイドにネットワークを持ち、世界最大のシェアを持つ。
    取扱い件数でも世界一。その豊富な経験をナレッジベースとして共有しています。
    http://www.ontrack-japan.com/



    コメント:
    この会社は確か規模がでかい。昔からある業界では有名だったような・・・
    サイトの作りは、ちょっとわかりにくい。


    HDD(ハードディスク)の設計製造を行っていた技術者が在籍していることで、
    データ復旧率の高さは本家アメリカをも凌ぎます。
    物作り、職人技、匠(たくみ)の世界を持つ日本。アメリカの技術と日本人の卓越した技能と
    その豊富な経験が、他社を凌ぐデータ復旧率でお客様の大切なデータを復旧します。
    http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/dr/



    コメント:
    他社との違いはいまいちピンとこないが・・・大塚商会もやっているんだな・・・発見。


    データ消去事故や壊れたハードディスクからデータを救出する
    費用の安い専門の会社です。
    価格をどこよりも安くしたい・とにかく安くしたいあなた向けのサービスです。
    各種障害のデータ復旧はお任せください。日本一安い復元企業として、
    業界の格安・ヤマダ電機を目指します。
    http://www.hdd-pro.com/



    コメント:
    技術云々より安さを猛烈アピール。ヤマダ電機になりたいのだとか・・・
    高くても確実にデータは復旧させて欲しいものですが・・・



    ---

    総評:
    簡単にまとめると、色々な会社が歌っているのは2つ

    ・技術力は他社より勝っている
    ・どこよりも安い(初期診断無料・成功報酬・相談無料)

    あとは、言い方を変えているだけだ。
    つまり、よほどの悪徳業者以外ならば、
    技術力・価格もほとんど変わらず、差がついてくるのは

    ・対応・サービスの質・時間
    ・内部セキュリティ
    ・企業の信頼度

    になってくる。

    データ復旧を行うにあたり、安すぎても不安だ。
    高すぎるのも考えようだ。

    最終的には、安心して任せられるかだ。
    金額は、その後の話。

    ちなみに、データ復旧は1回目が重要。開いてしまうと復旧率は落ちるそうだ。
    だから、はじめに頼む企業が最初で最後のチャンスとなる。
    安くても変な企業には、頼めないということだ。

    失ったデータは戻ってくるけど、チャンスは1回!
    肝に銘じたい。

    私のPCは、無事復旧♪ありがとうございます!
    あえて、企業名は出さない。

    あなたの安心を勝ち取る企業は・・・どの企業だろうか・・・
    ちょっとかっこよく締めてみる(笑)
    関連記事


    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    スポンサードリンク

    リンク