リポジストロフィー 老化が止まらない難病

Posted by boukyaku on 26.2010 用語解説   0 comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    リポジストロフィー 老化が止まらない難病

    なにやらよく分からない病気名が浮上!
    気になる!なんだこの病名は。
    調べてみた。
    [スポンサードリンク]


    なにやら、脂肪組織の異常のことを指す用語のようだ。
    脂肪組織の異常により、老化しているような症状が出る。

    若くても、このリポジストロフィーの症状が出れば、
    女性なら老婆のようにしぼんでしまう。

    リポジストロフィーは身体の脂肪組織の異常あるいは老化(退行)の症状が特徴の疾患である。("Lipo"はギリシャ語で"脂肪"を"dystrophy"は"異常あるいは老化(退行)の症状"を意味する。

    実際その症状に苦しむ13歳の少女がいる

    実年齢より何十歳も年をとっているように見える。

    実は、Zaraさんのお母さんのTraceyさん(40)も、さらに彼女の5人の兄弟も同じ病を患っている。
    しかし、薬があまり効かない体質のZaraさんが一番深刻な状態。
    そんな娘を母さんは「Zaraは赤ちゃんのころから皮膚がたるんでいた。
    年齢とともにシワはますます増えて、今では年上の兄弟らよりも年老いて見えるようになった。
    これまでは私が守ってきたが、これからの人生を考えると気持ちが沈む」と悲痛な思いで見守る。



    その少女は、美容手術で若返りを決意!その結果は・・・

    13歳の少女に夢が出来た。それは美容整形。実は、母トレーシーも10代の頃、フェイスリフトを受けていた。病院で検査を受け、ザラは手術できることになった。果たしてどんな変貌を遂げるのか・・(次週に続く)
    ベストハウス緊急特別編!老化が止まらない、難病少女。ザラちゃん、13歳。



    世の中には色々な病気があるようで・・・
    自分が五体満足で健康であることに感謝して生きて生きたいものです。
    関連記事


    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    スポンサードリンク

    リンク