冷え性改善の しょうが の本当の食べ方 ためしてがってん より

冷え性改善の しょうが の本当の食べ方 ためしてがってん より

ダイエットにも重要な身体を温めること。
そんな時にスグに思いつく食べ物は、しょうがだ。

生姜(しょうが)
香辛料としての使われ方が多い。日本料理ではすりおろすか、
すりおろしたものを醤油と合わせて生姜醤油とするか、千切りにするか、
刻んで振りかける使い方が多い。冷奴、素麺、アジの寿司やたたきなどに生姜は
欠かせない薬味とされている。



そんな、生姜(しょうが)を使ってもっとも
冷え性を改善する方法がためしてがってんで紹介された。


生姜(しょうが)を使って冷え性改善

冷え解消を目的とするなら、
「非常にもったいない食べ方をしている」
と専門家は言う。

そのもったいなくない食べ方とは、
「乾燥生姜(しょうが)を食べることです。」

普通の生姜(しょうが)を食べて体温を測定。
指先の温度は上がったものの、なんと深部体温は下がってしまった。

乾燥生姜(しょうが)を食べて体温を測定。
指先の温度をかなり上昇させたにもかかわらず、深部体温はほとんど下がりません。



これは凄い!
実は、身体を冷やしてしまっていたなんて・・・

生姜(しょうが)の効果。

生の生姜(しょうが)にはジンゲロールという辛み成分が含まれています。
ジンゲロールは血液の中を流れおり、
手先や足先の末しょうで血管を広げる作用がある。

血流がよくなり手先や足先の体温が上がります。
しかし、これは深部にある熱を手先や足先の末しょうに
送り出すことでもあるため、実際は深部体温はやや下がってしまう。

生姜(しょうが)を乾燥させるとジンゲロールの一部が
ショウガオールという別の成分に変化します。

ショウガオールは胃腸の壁を直接刺激して、
血流を高め、熱自体を作り出す働きがあります。

乾燥生姜(しょうが)はジンゲロールと
ショウガオールの両方の働きで全身を温めるます。


乾燥生姜(しょうが)は古くから漢方薬に使われています。
同じしょうがでも生と乾燥では効果が異なっていたのです。



びっくりです!
ちなみに、乾燥生姜(しょうが)の作り方は、
薄く1~2mmにスライスして、電子レンジで「ちん」です。
もっとも、ショウガオールが増える乾燥法のようです。
http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100825
関連記事


【 忘却板/忘れた事を貼れます 】

コメント

非公開コメント