WEB広告のCPMとCPCについて調べてみた

2011-05-31_084859.jpg

ネットを活用してお金を稼いでいる人は、数年前に比べて
数も増えたしやっている人の世代も広がり、普通のことの様になりつつあります。

ブログなどのWEBメディアを使っていたらなら簡単に出来る。
これが一番の理由でしょう。

しかし、WEB業界は略称や横文字が大好きで理解に苦しむこともしばしば。

そんな、ピンとこない業界用語 「CPC」と「CPM」を調べてみました。




WEB広告で出てくる、「CPC」と「CPM」について調べてみた。

CPC : Cost Per Click シーピーシー

ネット広告の掲載料金で、クリック1回あたりの料金を指します。
簡単には、表示しているWEB広告を誰かがクリックすると1カウントされ、
その1回に発生する広告費ということ。クリック保障型広告といいます。
普通のアフィリエイトにも稀にありますね。

大概のWEB広告は入札制を取り入れているので高いキーワードなどは
1クリック数百円にもなる場合があります。


CPM : Cost Per Mille シーピーエム

WEB広告掲載料金の一つで、掲載1000回あたりに発生する料金。
1000回表示ですね。
1000回表示されて●円となりますので、ページビューを
1000で割ったものが広告費となります。

CPMが50円で1500PVなら、75円となります。

CPMで支払われるのは、大手サイトが殆どで、
一般的なサイトにはCPCを採用しているところが多いです。


あぁ~なるほどっていった感じですね。

ネット広告ハンドブック 最新知識から出稿の実務、効果測定、技術動向までネット広告ハンドブック 最新知識から出稿の実務、効果測定、技術動向まで
(2009/02/27)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

商品詳細を見る


SEM:検索連動型キーワード広告 Googleアドワーズ&Overtureスポンサードサーチ対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。SEM:検索連動型キーワード広告 Googleアドワーズ&Overtureスポンサードサーチ対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
(2008/02/08)
大内 範行、岡本 典子 他

商品詳細を見る
関連記事


【 忘却板/忘れた事を貼れます 】

コメント

非公開コメント