サンプリング周波数44.1kHzと48kHzで音質の違いはあるけど用途で変える

サンプリング周波数44.1kHzと48kHz

サンプリング周波数は1秒間をどれくらいの間隔で区切るか(44.1kHzは1秒に44,100回切り刻み、48kHzは48,000回)

24bitというのはデータ上の0から最大音量(データ上のフルビット)までをどれくらいの細かさで表現するか

音質の差は当然ありますが、それに気がつく程の差ではありません。

では、なぜ複数用意されているかというと、音声データは周波数を変換すると劣化する場合があります。



その劣化を最小限に抑えるため、自分が制作したいデータに合わせて収録します。

例えば、『CDなら16bit/44.1kHz』『動画なら24bit/48kHz』という具合に使い分けます。

96kHzの高音質で録ることも出来ますが、それほどの音質が必要であるかが問題です。

4kの映像を撮っても再生側が対応してなければ意味がないのと同じです。

将来のために最高音質で録るという選択肢もありますが、当然データ容量も大きくなります。
関連記事


【 忘却板/忘れた事を貼れます 】

コメント

非公開コメント