オキシトシンとは? [ オキシトシンについて ]

Posted by boukyaku on 26.2008 身体の謎   0 comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    オキシトシンとは? [ オキシトシンについて ]

    【 オキシトシン 】
    脳下垂体後葉ホルモンの一種で、母親の母乳を分泌させたり、子宮筋に収縮を起こさせ、

    分娩(ぶんべん)を促す

    働きがある。また、異性と性行為をした際にも生成されるもので、
    通称“ラブホルモン”ともいわれる。人と人との結びつきを長くする作用があり、
    人を信じる能力や互いをいたわる能力にかかわりがあるといわれている。
    注意散漫、忘れっぽくさせる。
    関連記事
    [スポンサードリンク]



    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    スポンサードリンク

    リンク