乳製品を取ると、脳卒中になりにくいらしい [ カルシウム摂取量と脳卒中の関係 ]

Posted by boukyaku on 06.2008 食の豆知識   0 comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    乳製品を取ると、脳卒中になりにくいらしい [ カルシウム摂取量と脳卒中の関係 ]

    脳卒中…怖い病気です。
    変に助かっても障害が残るかもしれない…
    身近にそんな不幸に見舞われている人はいませんか?

    私は、いましたので軽く調べてみました。
    そこに気になる記事が!!
    [スポンサードリンク]


    ---

    食事からのカルシウム摂取量が多い人は脳卒中になるリスクが低いとの疫学調査結果

    を、
    厚生労働省研究班が29日発表。
    食品別に検討すると、乳製品を多く取る人は発症しにくいことが分かった。

    調査は、岩手など4県の40~59歳の男女約4万人を平成2年から平均13年追跡。
    この間に1321人が脳卒中を発症した。

     調査開始時と7年に食事の内容を聞き取り、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品と、
    大豆や野菜といった乳製品以外の食品からのカルシウム摂取量を割り出した。

    サプリメントについては検討しなかった。

    カルシウムの総摂取量によって5つのグループに分け、脳卒中との関連を調べたところ、
    摂取量が多いほど脳卒中になりにくい傾向が判明。最多のグループは最少グループに比べ、
    発症のリスクが約30%低かった。

    ---

    あぁ~家に牛乳ない…
    あれ高いし、カロリー高いし…

    要検討です。
    関連記事


    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    スポンサードリンク

    リンク