エクセルで重複しているデータを判別させる。[エクセル重複チェック・一括]

Posted by boukyaku on 03.2008 エクセルの謎   0 comments
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    エクセルで重複しているデータを判別させる。[エクセル重複チェック・一括]

    簡単には、下記を使います!
    =IF(COUNTIF(E$1:E1,E1)>=2,"×","○")
    [スポンサードリンク]


    これを、使うと指定した列に重複したデータがある場合は、
    [×]を表示させる。
    2つ以上データが重複する場合は、上の行を[○]と判断して
    後の行の重複データを全て[×]と表示させます。

    ○ A
    ○ B
    × A
    ○ C
    × A

    といった具合です。

    //////////////////////////////////////////////////////////////

    例えば、

    A列に[○]・[×]を表示させ、
    B列の重複をチェックする場合。

    =IF(COUNTIF(B1:B$1,B1)>=2,"×","○")

    これをA列の1行目のセルにコピーして後は、
    下のセルにもコピーする。

    補足:
    =IF(COUNTIF(B1:B$1,B1)>=2,"×","○") ← 一行目はこれ
    =IF(COUNTIF(B1:B$2,B2)>=2,"×","○") ← 二行目はこれ

    //////////////////////////////////////////////////////////////

    これで、アドレスや住所などの顧客情報のデータ重複チェック
    が楽になります。一括でできるのでさらに楽です!
    関連記事


    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    スポンサードリンク

    リンク